白蟻の被害を再発させないためには保証期間が重要。

sp_main

コンクリート造りの低層階マンションに白蟻…(大阪府)

白蟻の被害に遭うのは木造の家だけだと思っていませんか?実は白蟻はコンクリートであっても侵入してくることがあります。床下のコンクリートは白蟻対策だと思っている人がいるかもしれませんが、本当は湿気対策です。

薬剤処理のポイントは保証期間

除湿コンクリートで湿気対策をしていたマンションなんですが、経過年数の影響で白蟻発生。コンクリートが劣化してひび割れるとそこから白蟻が侵入してくることがあるようで、大騒ぎになりました。

白蟻は隙間から入り込むだけではなく、その隙間を徐々に広げることもあります。床下がコンクリートだからと安心せずに、白蟻の対策は常に怠らないようにすることが大切です。

白蟻が家に発生しているにも関わらずそのまま放置してしまうと、家に甚大な被害を及ぼしてしまいます。そのため、なんらかの対策をとる必要があるのです。その場合、ほとんどの人が業者にシロアリ駆除を依頼するのではないでしょうか。業者による駆除作業は、薬剤処理が主です。

薬剤処理を行なう上で気になるのが、「保証期間」でしょう。保証期間は長ければ長いほど安心ではありますが、シロアリ駆除に使用する薬剤の効果は最長5年です。
業者の中には、10年や15年の保証期間を設けているところもあります。そういう業者に依頼する時は、なぜ長期の保証を行なっているのかや、その期間の保証内容をしっかりと確認することをおすすめします。

top